スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩年の狂気とか、クトゥルーとか

2010年02月06日 12:08

ポニョがそういう風に言われて相当凄良いんだなと、びくびくしながら見たら普通に面白くて笑った。
昨今のあれはテーマが重かったりで内容が子供が見るには難しいから、今回は子供も普通に楽しめたんじゃないだろうか。
ああいうほのぼのしたのって、トトロ以来だと個人的には思ってる。

魔女!? 
…ありゃ上京した人からしたら 
「都会暮らしは、そんなに甘いもんじゃねえぞおぉぉぉぉぉ」
とか、とある運送会社さんがスポンサーについたおかげで、色々とやりたい事が出来なかったとコメントされた作品でっせ?
耳をすませば!?
…ありゃ「府中はいいとこ一度はおいで」ってそんな映画でっせ?
千と千尋!?
…あれは和風ソー(検閲

耳をは駿さん監督じゃないから自分的にはその中には入ってないんだけどさ…。

まぁ、なんか話がずれたけど普通に楽しかったよ。色が明るすぎて少し目が痛くなったけど。
後「少し重いな」やら「ははは、見ろ(以下略」のような心に残る台詞があんまりなかった気がする。
「人間になるー」→「私は人間を辞めました」の件には吹いたけど。

僕はあれをクトゥルーだと言い放った弟に疑問を感じるよ。

■【懲りずに】ユグドラユニオン【やってる
あれだけストレスたまるのにも関わらず、つい作戦がうまく行った時の快感が忘れられずユグドラの再プレイをやっています。
基本ってきにゃ、ラジオを聞いてるときに遊んでるんだけど…相変わらず思い通りにならなくて焦ります。
もう、どうでもいいときにクリティカル喰らって作戦はガタガタになるし、ユグドラ様が最初は弱くて使い物にならないし
しかも敵は槍が多いからユグドラ様は突かれまくって直ぐにばてちゃうし、敵が有利な地形にばっかりいるから優劣超越しちゃうし
スキルカードが最初から使えないから色々と宝の持ち腐れだし、敵がアイテム略奪しちゃうし

などと、色々と大変です。
後半からユグドラ様が即位なさって、鬼畜陛下になられてからは帝国兵虐殺ゲーが始まるんだけど
それまでは只管ユグドラ様を守る戦いが繰り広げられるわけだな。

今現在ウンディーネと交戦中なんだけど、肝心なところでミラノが溺死してしまったためリセットと…
ついうっかり氷の上でミゼルと戦ってしまって、そのまま昼突入→ドボン! で死んでしまったわけだ。
氷って次の昼が来ると融けるんだったね、完全に忘れてたよ。
敗戦時のセリフに「ウンディーネ達の抵抗を受け、戦死する」って書かれてたけど…違うよ
「戦闘中にも関わらず、氷の上で遊んでいたら氷が融けて湖に落ちる」

これが正しい。
あの辺まではチュートリアルだから敵が殆どメダリオンを落としてくれて、士気もそんなに気にすることはないんだけど
第2章からは迂闊にメダリオン消費すると手も足も出ない状態になるから考えておかないとなぁ。

■メダリオ
ジャッキーチェンのそんな映画があるのを思い出した。
あの映画、最初はジャッキーらしいのに後半から特撮が大仰過ぎて全然ジャッキーらしくないんだよね。
ジャッキーがメダリオンの力を使って空をびゅんびゅん飛び回るシーンなんて、もうね…ギャグだよ完全に
あの人普段は自分の体のみで危ないことやるから、その辺との違和感があるのかもしれない。
プロジェクトAの例のシーンが伝説になるくらいだし…。

ちなみに、メダリオンと言えば…

エルランのメダリオン
※使うと顔から血管が浮き出てHPが60から80に増え、攻撃力がぶっ飛ぶクラスチェンジアイテム
 アイクに天空やら、勇将やらを付けていないと確実に詰む。本当に詰む。
 そして強くなった本人はプリースト系を率先して殺しまわる。主人公はあまり狙われない。
ってのもあったなぁ。
メダリオンには変なイメージでもまとわりついているのだろうか。

ああ、後…ジャッキーのとんでも映画で「タキシード」ってのもあるんだけど、あれのトンデモ具合も結構好きだったりする。
タキシードを着る人のサイズに合わせて伸縮するんだよ。しかも、要所要所から電気が流れて超人的な動きが得られるんだとか。

■歌ってみた系で
プロジェクトAのあの歌を歌ってみた とかって無いかねって弟に聞いたら
「あるわけねーだろ」
とのこと。そうか、無いか。



そういうことです。
プロジェクトAはジャッキーにそんなに興味が無くても見てみることをお勧めする。
楽しめるかどうかは知らんけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。