スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ

2010年01月10日 19:51

「今日はあなた方に頼みがあってここまで来ました。」

「頼み…?
 うちの蛇口からいつでも出られるようにしてほしいとか?」

「そうではありません…私が夢で見た話なのですが
 近い将来突如現れたメルヘンの神によってこの世界がメルヘンへと変貌しようとしています。
 このままでは急激な文明の変化に大勢の人間が耐えきれず、堕落の一途をたどるでしょう。」

「……良く解らないけど、大変なんだね?」

「ええ、大変なんです。…なので、あなたのお父さんの力を借りたいと思ったのです。」


「おとうさん!大切なお話があるの!」

「うん?」

「川の神様がメンヘラで大変なんだって。」

「そうか、そっとしておいてやれ」
「ちょ、違」

「そうではないのです…実は(以下略」


「これは新型機のボールガミ21だ。今までのインクジェットとは違って大きな荷物も載せられる。
 面積も広いから高所恐怖症のお前のご主人さまも安心して乗れるだろう。」

「わ、私は乗りませんからね!?
 そんな危ないものに乗るくらいなら死んだほうがマシです!」

「またご主人様はー…大丈夫ですよー!
 こんなに頑丈そうで固いんですから風に煽られたって平気ですよー
 ところで、ボールガミ21の21ってなんなんですか?」

「ああ、これは21作目なんだ。」

「に、21作目って事は今までのはどうなさったんです?」

「全部落ちたな。」
「お…おち…」
       …しかし、しかしだな…20回も落ちてるんだから次こそは大丈夫だろう。3×7で、21度目の正直っていうからな!!
       正直が七回も来てるんだ、次こそは上手くいくにきまってる!」

「そうですね、20回も落ちてるんだから次は絶対成功しますよ!」

「だーめだこりゃ、聞いてねえや。ご愁傷様☆」

「うううううう…」
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。