スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機感を感じます……え?どこが?

2007年07月07日 18:23

ぽてろぐにて出そうかと思ったけどなんかどうでも良くなったネタ。
 
もうええわ、いくべ。

メリル「そういえば今日は七夕だっけ~。」
他人「だな。」
メリル「他人は何かお願い事したの?」
他人「…。お前が少しでも落ち着くようにと祈った。お前は?」
メリル「えっと…たくさんあるんだよな……。」
他人「いや、というか笹無いのに何処に吊るしたんだ?」
メリル「神社。」
他人「なんでまた……。……何時吊るしに行ったんだ?」
メリル「七月七日の丑の刻。」
他人「…。」
メリル「短冊にしてもあんまり効果無さそうだから特別効く奴にしたんだ~。」
他人「なんじゃそりゃ…。」
メリル「藁人形にしてそれにお願い挟んで神社の木に打ち付けてきたの。」
他人「はぁ…?」
メリル「しかも一個だけじゃないよ~…たくさんお願いあったから三十個くらい打ち付けてきたんだ~。」
他人「…。」
メリル「どうしたの?何か凄く体調悪そうだけど…。」
他人「外して来い。」
メリル「え~~~~!!!なんで~~~~~!???」
他人「いいから、外 し て 来 い 。」
メリル「なんでよ!!他人が元気でいるようにって書いたんだよ?」
他人「尚更外して来い!!」
メリル「なんでよ~…他人のバ~カ!!」
他人「(いい加減常識教えないとあかんな…。)」

メリル「ねえ~?天の川ってなんだっけ…。」
他人「どうしてお前は毎年毎年同じ事聞くかな…。」
メリル「他人が嘘ばっかり言うから。」
他人「な、おまえ…失礼な…こっちは誠心誠意教えてるんだぞ?」
メリル「そんなことより…天の川って何?」
他人「お前が冬に飛び込んだ川だ。」
メリル「嘘だ~!!だって織姫と彦星いないじゃん。」
他人「いるがな…毎日川の対岸で石投げ合ってる子供らが…。」
メリル「あれ普通の子供じゃん。」
他人「あのな…天の川は教えられんがちょっとした噂を教えてやる。」
メリル「なにそれ。」
他人「たまに増水するんだよ。天の川。」
メリル「じゃあ、星が多くなるの?」
他人「そうだな…普段は星が綺麗に列を成してるけど、たまにめちゃめちゃ広がってるときがあるんだよ。」
メリル「それじゃ川じゃないじゃん。」
他人「天野湖だな。」
メリル「織姫と彦星どうなるの?」
他人「何時もの待ち合わせ場所で待ってる。つまり流されてる。」
メリル「今年は増水してるのかな…。」
他人「今年は関東は雨降らなかったから増水して無いだろうな…。」
メリル「じゃあ、今年は普通の川なんだね~。」
他人「そうそう…天の川が見られないときは干上がってる証拠だ。」
メリル「へえ~…」
メリル「じゃあ、天の川の調子で、今年の水事情が解るわけなの?」
他人「そりゃ…そうだな。」


八時間も数学やってるとおかしくなってきます。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sawagimakuri.blog85.fc2.com/tb.php/213-99372c36
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。