スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索ワードにえどがーあらんぽーが多いのだが・・

2012年02月26日 20:48

だからあれ子供に読ますなって。児童書として与えようと思ってる親が居るんだったら、僕はそれを反対したい。
冗談抜きで怖かったんだから。ほんと。

児童書
で、思い出したのがJ.K.ローリングの次回作が大人向けの小説らしいね。
大人向けったってアダルトーなものじゃないだろうけど
何にしろ、児童書であそこまで多くの大人をひきつける作品を書いたのだから、今後もこの人の本を買い続けたいとは思ってる。
ただ、ハリーポッターは作者が限界まで切迫した状態で書いたからこそ、あの味が出たのだとしたら
経済的にも余裕のある今の状態で、あれだけの面白さを描くことが出来るのかはちょっと気になる。
でも、途中中だるみしながらも、6巻と7巻であれだけ引きつけられたのだから、きっと期待してよさそうだね。
6巻はあんまりいい評価を得られていないけど、僕はかなり面白かったと思ってるんだ。
今まであって当然だった人や物がほとんどなくなってしまって、どうやったって避ける事の出来ない局面を迎えている
というのが、当時の自分の状況と被っていろいろと考えさせられたし
7巻は舞台を学校から外に移した事で、冒険小説と言っても全然問題ないものになっていたし、ただの児童書にしておくには
もったいないとも思ったわけだ。

結局、一番言いたいことは ロンは要らない子

昔にも書いたような気もするけど
ハリーポッターをバッシングするときに 子供だましだのなんだ、子供が馬鹿になる本だなんだの言ってる方が多いんだけど
児童書に子供だましもくそも無いと思うのだよ。
リアリティを追求したいのなら、純文でも読ませて子供の純粋な感性を真っ黒に塗りたくって差し上げればいいと思うし
えどがーあらんぽーでも読ませて、トラウマを植え付けてあげればいいと思うし、タイムマシンを読ませてカニバリズムの
世界に引き込んであげればいいと思う。ただ、その後で自分の子が厭世的になろうと、人殺そうが動物殺すのが趣味になろうが
僕は何の責任も負えないけどね。

ファンタジー小説原作の映画に
必ず戦争シーンがあって不満という意見を大変多く聞くのだけれど
ほとんどのファンタジー小説の原本になったであろう作品の主題がそうだったから仕方がないと思う。
どうも、あの黒いネズミがいろいろ作品を発表した事で
ファンタジー=何とも形容しがたいぽわぽわとしたもの
というイメージが付いているようだが、実際の古典ファンタジーは結構殺伐としたものが多い。
実在したしないに限らず、文化を知るに一番いい材料が「食事」と「戦争」と…あと何だっけ、性行為だっけ…うん、もう忘れた
のいくつかなんだけど、その登場人物の生活を描写する事で、観ている読んでいる側に本当にあるように見せる事が
出来るのだそうな。食事に関してはもう言うまでも無く、戦争もまた互いの文化形態の違いを知らしめるのに使えるのだろうね。

うん…?

ってことは…エロゲに食事描写が多いと聞くけど、もしかして生活描写を多く出す事で、モニタの前の方々に
これは現実なんだぞー、だから君がこの女性たち(ここではどう見たって年齢が10歳未満の子も18歳である)にしている事は
実際にあったことなんだぞーと、いったスタッフさんの戦略なのではなかろうか。
だけど、性欲と食欲は似て非なるものだから迂闊に食事描写をする事でプレイヤーたちの攻略意欲を削いでしまうかもしれないね。
なんだかどっかでエロゲは場繋ぎの為の食事シーンが要らないと言われていて、そうなんだと思ったけどやっぱりそんな
弊害を生み出しているではないか。
ということはさ…いっそエロから方向転換して登場キャラが延々食事する姿を見続けるゲームというのも、プレイヤーたちの
リビドーを鎮めるのに使えるのではなかろうかね?かね?


とりあえず僕はもう晩御飯の用意が出来たようだから食事を採ることにするよ。ほんじゃね。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。