スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し気になった

2012年02月11日 22:10

ウィキの情報が当てにならないということに対して
「レファレンスがあるんだから信憑性のある情報である」
ということを言っている知り合いがいたが、
レファレンスがあろうがなかろうが、厳粛な査読が成されていない情報にそこまでの信憑性が
与えられる理由がわからない。そもそも、書籍自体が厳粛な査読を受けていないものが多いので
引用している書籍そのものが怪しいことだって容易に考えられるのではないか。
実際、読んでみて間違いだらけの解説書だってたくさんあります。酷い物では、予想で書いてるようなものだってあります。

書籍の内容に関して、そういうことを指導していた教授がいたけど、肝心の内容を思い出せないあたり
その辺に関してはどうしようもない。たぶん昔のノートを漁ればメモしてありそうだけれど…

それと…

夏待ちはあの花では話の毛色が全然違う。ただ絵が似ているだけで視聴してあの花と全然違う、くそだなんて言ってはいけない。
僕はあの絵も、あの花も夏待ちの話も物凄く好きなのでそういうことは思わないが、駄作と決め付ける人は
それぞれの良いところだって探してみれば良いと思う。

結局言いたいことは、自分にとって田中生姜さんの絵は、きゆずきさん以来の衝撃だった。本当に衝撃だった。
あの絵が凄く好きで、あの花の円盤も全部揃えてしまった位のそれはそれは凄い衝撃だったのです。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。