スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近絵を描いていると

2012年01月13日 23:22

どうしても女の子が少し太ってしまう…

■見たよ
あの夏で待ってるを、怖いの半分ときめき半分でわくわくしながら見てました。
どこででも言われていることだけど、なんかバーディーっぽかったり、おねティーっぽかったり、深夜によくあるおっぱいアニメ
だったり、いろいろ盛りだくさんだった。

説明せねばならない
バーディーとは、全宇宙の命運をかけたゴルフ大会のさなかで、主人公のつとむきゅんがいかにして全ホールを
バーディーで通すかという事を描いた冒険譚である。
決して、潜入捜査していた宇宙捜査官に犯人もろとも体が真っ二つにされたとか、恋人がでろでろの蛍光色が美しい
液体だったり、その恋人が事故った後に服の趣味が派手になって、実は下着も相当…とかそういうものではない。

あの花っぽいとか言われていたけど、あの花はあんなに露骨にエロクないし、あれは寧ろ青春ドラマなんだよ
今ど畜生が!!!と言っておきたい。あなる(尻の穴とかそういうのではない)あなる(尻の穴とかそういうのではない)連呼されたり
鶴子がなんだかんだで脱がなかったり、事あるごとにゆきあつの女装癖を抉るような描写があるけど青春なんだって。

さて、おねティーと言えば思い出されるのが…この頃は僕はまだ中学2年生で男女関係というものに対して大変ウブな
がきんちょでありました。そのため、おねティーのいろんな描写がたいへん刺激的すぎて、恥ずかしくて観るのを
辞めたとかそんな、物凄く痛い過去がある事を晒しておきます。もうあれは駄目でした。


まぁ、そんないろいろといろんなことを考えさせられるアニメでした。

■わらかん
何言おうとしていたか忘れていた。

なんだか、母親が勤め先で僕が彼女いないとかそんな事を言ってくれたとかそんな事だった気がする。
余計なこと言いなさんなってね。
これ、あっちゃこっちゃで同情されるんだけど、同情される理由がよく解らん。別にあんたには何の関係もないし
いないからってあんたにご執心になるわけじゃないってのね。心配する事無いってね。
あれかね、この前のクリスマスのデモみたいに、非モテのみじめなお姿 といった物をカミングアウトというか
その型にしっかり嵌っておけよ紛らわしいとかそういうことなのかね。

ふむ、わらかんね。

■捨てた捨てた
PS2が起動しなくなったので捨てました。初めてゲーム機を廃棄したので、いろいろと解らんことも多かったけど
案外簡単に廃棄出来たので安心した。中にD2が入ったままになっていて、物凄く焦った気もするけど
あれは本当に気が付けて良かった…もうデータなくなってやる気ないから何とも言えないけど、良かった

あのPS2は、PS3の発売と同時に知り合いが要らなくなったものを適当な値段で買い付けたものでした。
当時はあんまりやりたいゲームがなかった所為か、何だかんだでD2ばっかりやっていた記憶があります。
それと、角がやたら強くて、落とした時にフローリングに見事なクレーターが出来てしまった事は今でも鮮明に
部屋に入るたびにフラッシュバックします。

ああ、恐ろしや恐ろしや。

■でぃーえすあいえるえる
ボタンを使いすぎてつるつるになってしまった………。


PSPヴィータが早くもおやつモードだけど、PS3だって発売当初は全然見通しがなかったじゃない。
それが今になっていろいろソフトも出て、十分遊べるほどになったんだから、これだって数年後には同じような事に
なるんじゃないの?どーせサードだって、どっかで開発しないと食いつなげないんだから、渋々というか死に物狂いで
ヴィータにソフトを供給してくれますって。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。