スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更になって

2010年06月19日 20:40

何かアクションがやりたくて良いの無いかなと思って、今までに欲しかったもの漁ってたらイースⅥが面白そうだったので
今更になって買ってみた。もう5年前の位のゲームです。

このシリーズは、随分前に読んだPC雑誌でエターナルの紹介をやってた時から凄く興味があってだな…
いつか機会があったら手を出したいな~と思いつつ気が付いたら大分長い事経ってて、機会が来たようなので始めたところ。
なんで今更になって?新作出てるのに?ってのもあるんだけど、なんとなーく行きついたのがⅥだったわけだ。

出来ればPC版でやりたいんだけど、高いうえにモードが多すぎてだな…どれを買えばいいのかが解らんのです。
CD-ROMにDVD DISC、Vista対応、その他もろもろ 自分のパソコンが読めるものに合わせれば良いんだろうけど
それでも巧く絞りきれないのでちょっと難しいです。なので結局買うのは家庭用ハード版。

最近は家庭用でもどんどん出てくれているようだから迷うことはなさそうなんだけど、結局あるならPC版の方が
融通は効くんだろうなぁ。ま、なんにしろ、作りが丁寧で遊びやすいです。やっぱりアクションはよろしい。
ゼルダや聖剣とは違った操作感で、敵ぶった切って回ってるのが一番楽しい。所どころにPCゲーらしい部分が
みられたりするのもまた良し。例えば、フォントに拘ったり(良い意味で)、PC画面では問題無かったであろう
文字の表記が、移植したとたん縮尺が合わなくて物凄く読みにくくなっていたり、スライムがやたら強かったり。
家庭用ハードに親しんでる人はスライム=ザコのイメージが強いと思うんだけど、スライムって基本的に強いんですよ。
ローグが得に良い例。ただのゼリーなんだけど、大抵が酸持ってたり物理に以上に強かったりで脅威だったりするんだな。
TRPG好きな人はスライムを強くする事があるとか…ただ、壊攻撃には弱いんだなこれが。



■一時期の
RPGばっかりやってたせいで、ゲームは長い物って観念が未だに抜けない。

壊攻
所謂、ぶん殴る攻撃です。
最近は斬と壊の住み分けが多いゲームが多くてだな、例えば斧は斬じゃなくて壊になってるのが増えてます。
後は、格闘攻撃が物理扱いだったのを物理カテゴリーの壊に分類してるのもあったり。これのお陰で弱いイメージのある
斧が少しは強くなったり、逆に余計に弱くなったりした作品が結構あったりします。世界樹の壊攻撃は有難かった。

斧弱い
ああ、なんかあの青い髪の男が思い浮かんできましたとも。
あれ、物理攻撃自体は強くないんだよな。要所要所で術を割り込ませて来たり、攻撃自体が逝かれてるから怖いだけで
通常攻撃は至って簡単にかわせる。何度も何度も遊んだので嫌でも覚えます。

いやいやいや、決してあの青い髪の男が弱いわけではないですよ。2回目の彼は知力が高すぎるから怖いんであって
3回目の頭が悪くなった穴子さんは…あ、やべ、名前挙げちまった……
3回目の青い髪の彼は奥義と穴子砲が怖いだけでそれ以外は殆ど釣れてしまうわけだしね 

で、結局弱いのか…そうだな。巧く行けば楽だよな。あほみたいに時間食うけど。実際低難易度じゃ正面からでも楽だしな。
まぁ、アンノウンの彼は別次元だしクリア想定外だから良いけど。いつかマニアで倒したいな。


そういえば、新・暗黒竜のシーダがリリアっぽくて笑った記憶がある。
赤髪の剣士がいれば良いのにね。

それと、ニンテンドー3DO用にFE紋章の謎が出るんだって。紋章のビラクじゃないよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。