スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>私信

2013年03月17日 15:50

3.5 はぐるまさん
お久しぶりです。久しぶりにカキコがあったのでちょっと懐かしい気持ちになりましたw
なんでバラマキに乗っかってるんですかw

Jaxa…そうそう、先月末につくばの産総研で開催された勉強会に行きまして、近くにJaxaがあるのです。
僕としては一度見学したかったのですが、勉強会でほとんど時間が取れなくてがっかりした記憶があります。
それにしても、水泳からJaxaってすごいですねー。宇宙でのトレーニングに関連した事業でしょうか?
>宇宙工学って書いてあったーーーーーーーーーーーーーーーーーー←

確かに僕とは畑違いですねw 僕がやってるのは生体物質の解析なので…w


そうだ…余裕のある時でいいのですが、もしよろしければはぐるまさんのブログのアドレスをコメントあたりに
ぺたりとしていただけないでしょうか。検索をしても引っかからなくて…
スポンサーサイト

ねえねえ

2013年02月05日 18:30

引っ越して一月半が経とういうのに、未だに僕の荷物が荷解きされていない状態で放置されているってどういうことなの?

遅いんだよ!!

2013年01月06日 21:47

急にアイデアが出たからあるデータベースのDumpファイルから欲しい情報一気に抽出するツールを作りました。
これが先月の中旬に開発できていたら、僕の体力はかなり温存されたことでしょう。
どうでもいい時にアイデアが出るものです。本当にどうにかしたほうがいいと思いました。

じゃあね

あ、そうだ

2012年12月21日 20:51

先週あたりの双子座流星軍郡はシッカリと見る事ができました。
くっそ寒い夜空の下、防寒対策をしっかりとしながら30分ほど上を向いていたわけです。
パジャマで表にいたものだから、傍から見たら変質者と思われたことでしょう。

自宅の周りはそれなりに閑散としていて、あまり光源も無いのだけれども
近年いけ好かない高層マンションがアホほど増えてしまって、すこーし明るくなったので
なんとなく空が明るい気もしました。別にマンションに対して他意はありません。
いっそ、近所の公園(とても静かで暗いところ。モノホンの変質者が何度も目撃されている)へ
行こうかと思ったけど、流石に怖すぎるし翌日も研究だったので我慢して家の近くにいました。

冒頭で書いたけど…
見えましたよ、3つほど。
祈りましたよ、髪切りに行くと。
伸びましたよ、結構。

入学金収めるまで、いくら必要になるのかが見通しが立たないので、うかつにお金を使えないのです。

それはそれとして、流れ星は大学に入りたての頃、帰るのが遅くなった時に偶然すごく眩しいのを
見たことがあります。落雷かと思ったけど、その日は雲ひとつない天気だったので多分流れ星だと思います。
火のないところに煙は立ちませんから、きっと雷も同じことだと思います。だから流れ星できまり。

何が言いたいかって、開幕メガネORスカーフ流星群は勘弁。

一概に批判できなくもない

2012年10月17日 23:51

さて、例の細胞の教授がノーベルを受賞して間もないが、去年僕はあの方の公演を聞いていたりもします。
雰囲気からして、人あたりが良さそうではあるが仕事になるととても厳しそうな方だと思いました。
お話の内容は、いかにして少ない資金から研究を進めていったのかということやらそんなことでした。


これに関してアホども 気の早い方々は臓器再生に関して物議をかもしておりますが、正直なところ
あれから臓器を生成して実用するなんてことは、今現在の状態ではとてもとても妄想に近い話だと言えますな。

なじぇなら、原始細胞から特定の臓器までに発生するメカニズムは異常なまでに果てしなく複雑で
シグナル系列のひとつひとつなんてどのくらいあるのか、どう働いているのかなんて完全にわかっちゃいないんだから
これから完全な臓器を樹立するなんて、まるで田舎から一歩も出たことない奴が都会に出て億万長者になって
綺麗なネーちゃんと結婚するなんて言っているようなものですな。
仮にやるにしても、どうやって培養するのかが気になるところ…
毎日毎日あれのメディウムを変えるのかなとか、そんな事を考えてしまいます。恐ろしいですね、費用ががががががが。


学会発表やらを見てて、どこもかしこも東の大学が頭を連ねておりますが、彼らは彼らなりに大変なんだろうなって
最近思うようになりました。国から莫大な研究費用が降りている以上、常に最前線を行くような研究テーマとその結果を
公表することを約束しなければならないわけで、頑張ってるけど今はできませんなんて言ってられないんだよな。
彼らが止まってしまえば日本の科学技術は未開地になってしまうわけで、先進国としての地位すら危ぶまれる。
個人の地位のためもあるだろうけど、大きなバックボーンがつくということはそれもまた重荷なんだろうなぁ…。

とか、例の先生のスキャンダル記事を見ながら思ったものでした。あれの助成金も相当なもので、これで結果が出ないなら
彼らのその先というのは相当やばいわけだね。だからこそ、あんなことをしでかしたわけだ。


凡人一般の大変勤勉でいらっしゃる方々はそんな金にならないことにお金を下ろすなら俺たちに回せと
言わんばかりですが、正直な話消費するだけで何も生み出さない凡人…一般のたいへん賢く聡明でいらっしゃるところにお金を回すよか
将来でかい金になる可能性があるところにお金を回すのはごく普通のことですね。


んまぁ、とある研究所のとある方は 「国がアホだから俺たちの発見が全部アメ公に持ってかれる」 と、たいへんご立腹で
ありましたから、お役人様もあんまりわかっていらっしゃらないようですな。この前の蓮根だかよくわからん変なのが
「別に1番で発見しなくてもいいんじゃね?」
なんてたわけたこと言ってたくらいですからな。あれはたいへん良い余興でございました。


研究は娯楽業だとか言われますが、まぁ・・・言うとけと、そんなところですな。
正直なところを言うと、あながち間違ってもいませんけどな。内心これに関しては
「はーい、毎日やりたい事やってますねー。僕ちゃんは仕事がきちゅいんでしゅか~~?お気の毒ですね~~~~」
と、草が生えそうになるのも本音だったりもします。別にこっちはこっちで大変なんてことは言うつもりはありません。
アホと一緒の次元でものを語る必要はありません。んま、バイト先で理解を得にくいのは大変ですが……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。